「なぜ日本人は韓国人にこんなになめられ続けるのか?」(人文・社会科学) 書籍案内│出版は図書出版 夏目書房新社

お問い合わせ

図書出版 夏目書房新社

  • 書籍案内
  • WEB連載
  • 書店様へ
  • パートナー様へ
  • 会社概要
  • 新着情報
新着情報
ホーム

図書出版 夏目書房新社 HOME > 書籍案内(人文・社会科学) > 「なぜ日本人は韓国人にこんなになめられ続けるのか?」

  • 人文・社会科学
  • 哲学・歴史
  • 文芸
  • 思考実験叢書
  • その他
「なぜ日本人は韓国人にこんなになめられ続けるのか?」

既刊

「なぜ日本人は韓国人にこんなになめられ続けるのか?」

価格
1,200円(税別)
ISBN
978-4-904209-62-2
著者
金 智羽(キム・ジウ)
発売日
2015/5/29
仕様
単行本(ソフトカバー) :186ページ

在日25年の親日派韓国人が<ヘタレ日本人>にモノ申す、
                    激辛反日論。

 いつまでたっても終わることのない反日政策を行う韓国。どんなに謝罪しても一向に反省をしていないと言い続ける韓国。私たち日本人は一体何をすれば、韓国は激しい反日攻撃を終息させるのだろうか。著者・金智羽は本書の中で、「とにかく謝っておけば」という日本人の事なかれ主義にたいして痛烈な批判をする。日本人の日常使う挨拶のような「スイマセン」は好きだが、ただ鎮静化させようというだけの気持がこもらない<反省>は、逆に相手を不快にさせるということが日本人にはわからないのだろうかと。また竹島(独島)問題についても、まだどちらのものでもない、両方が領土権を主張している島に、みすみす不法占拠されているのに何も行動できない日本人の情けなさに涙を流さんばかりの激烈な怒りを浴びせております。
 本書は在日25年、世界の国々の中でもその「特殊」性が際立っている日本国を愛し、誰よりも、日本国、日本人を観察し続けた著者が、愛しているからこそ言わなければならないと断腸の思いで書き下ろした<日本・日本人批判>です。
 著者はあとがきの中で「時には冷たい理性で、時には熱い感情で、日本人を見てきた25年間。そのユニークさゆえの難解さが自分を混乱の闇へと何度も何度も誘う中、ある日ふと気付きました。その他無数の星たちとは明らかに異なる一つの星が既に自分の心の中の夜空で、独特な光を静かながらも強烈に放っていたことに・・・。
 その星が日本であり、その星に住む人々が日本人であり、そしてその星の物語が、25年という月日を経て出来上がった、私の<日本人論>です」と。
 本書は、一韓国人が書いた反日論とともに、だれよりも日本・日本人が大好きな韓国人による<日本・日本人>の将来への提言の書でもあります。

一覧ページへ
ページのTOPへ