新着情報~人文・社会科学や哲学・歴史・文芸等の書籍~ムック・ガイド等の出版なら東京の図書出版 夏目書房新社

お問い合わせ

図書出版 夏目書房新社

  • 書籍案内
  • WEB連載
  • 書店様へ
  • パートナー様へ
  • 会社概要
  • 新着情報
新着情報
RSS
ホーム

図書出版 夏目書房新社 HOME > 新着情報

2015.2.19

田中紀峰著『虚構の歌人 藤原定家』発売中

定家ほど、現在まで誤解され続けた歌人はいない。定家の新解釈本登場!!

 この度、小社では『虚構の歌人 藤原定家』(田中紀峰著、発行夏目書房、発売サイゾー、46判上製、定価2,500円)を刊行いたしました。
 藤原定家は、「美の使徒」「美の鬼」「歌聖」「日本を代表する近代詩人」などと讃えられ、一般には「新古今」「百人一首」の選者として有名であり、日本を代表する歌人と言っても過言ではないでしょう。また18歳から74歳にわたり書き続けた日記『明月記』は、定家を識るための資料とともに、日本中世(平安、鎌倉)の歴史資料として国宝に指定されほど貴重なものとなっています。そんな藤原定家を著者は歌人としては、天才ではないと突き放します。秀才が作る歌と・・・。そして、冷徹な眼で多くの資料を猟渉し、定家の<歌>だけでなく、定家そのものを解剖していきます。まさに名外科医が発見困難な病巣を切り刻むメスのように、定家の崇拝者たちによって作られたステレオタイプの偶像を丹念に一枚一枚剥がしていきます。
 しかし、著者は、定家の現在までの評価を貶めるためにこれを書いたのではなく、歌人として、歌を学び、歌を読んできた自分が、今、定家と直接対話ができる時期がきたのではないか、そして、今まで築きあげられた虚像・定家にあざむかれず、実像・定家を世に知らしめ広げることが出来るのではないかという、熱い思いでこの本書を書いたと語っております。
著者は本書の中で「定家は『おもしろき』歌を詠む人ではない、落語を見るとき人は笑おうという姿勢でみる。和歌を見るとき人はおもしろいもんだと思ってみる。しかし定家はむしろ「もののあわれや」や「おもしろさ」を否定するために歌を詠んでいる。定家の歌は前衛であり形而上的であり、いわば「禅」なのだが、たいていの人はそこまで考えが及ばない。ある人はそれにもかかわらず、定家の歌に風情を感じようと努力してとんちんかんなことを言う。またある人は、なんだこんなわざとらしい歌、とあきれてしまう。定家はこんな具合にいろんな人に誤解される。」
と述べております。本書は今までにない定家新解釈満載の定家ワールドがこれでもかと書かれている本年度文芸界の注目の一冊となることでしょう。
前のページへ
ページのTOPへ